シティプロモーションで子育て環境が充実したベットタウンに住んでみよう!

人口の減少に悩むベットタウンにはシティプロモーションが重要!

ベッドタウンのシティプロモーション

ベッドタウンのシティプロモーションとは

    
    

都心からほど近い地方の都市はベットタウンとしての役割があるせいか地味なイメージがあります。そのため、新しく転入してくる人も少なく人口の減少に悩んでいます。人口の減少にストップをかけ、まちを活性化するためには住民と協力して活動を行ったり、まちの魅力を発信して知名度を上げたりなど、まちに興味を持ってもらわなければなりません。そのためにはまちの魅力を内外に発信するシティプロモーションが重要となります。実際にシティプロモーションを行い人口が増加した、流山市と尼崎市の活動内容をより詳しく紹介していきます。

    

地域のイメージのブランド化

            
             ベッドタウンのシティプロモーション

シティプロモーションはまちの魅力を発信し人口の増加に繋げる活動ですが、まずはまちについてより詳しく知ってもらわなければなりません。食べ物や工芸品などの特産品で魅力をアピールしたり、可愛らしいマスコットを作って知名度を上げたりといった活動を行いながらまちを売り込んでいきますが、人口を増やすと言っても、定住者を増やすのか観光客を増やすのかなど目指す目的によって行う活動は異なってきます。まずはどのような目的でまちをアピールするのかを明確にしましょう。

             ベッドタウンのシティプロモーション
    

流山市、尼崎市の指針

            
             ベッドタウンのシティプロモーション

流山市のシティプロモーションが成功した秘訣はターゲット層をDEWKSと決め、その世帯を呼び込むための環境を整備しマーケティング戦略を行ったことです。DEWKSにとって重要となるのは保育園などの教育環境や住環境の充実さです。住みやすさをアピールするだけでなく保育園を増設したり送迎バスを設けたりと環境整備も行ったことで転入者を増やすことに成功しました。一方尼崎市は公害都市としてのイメージが大きかったことからまずは住民に向けて、愛着を持ってもらうように情報発信に力を入れて活動しています。

             ベッドタウンのシティプロモーション
    

近年の動向と今後の可能性

            
             ベッドタウンのシティプロモーション

シティプロモーションを行うためにはまず目指す目的を明確にしなければなりません。それは目的によって戦略方法が異なってくるからです。しかし、まちのイメージの向上や愛着心を持つ、といったことは曖昧で漠然としているため方向性を決めようにもなかなか決めきれないこともあるでしょう。そのため、途中で方向性がずれてきていないか、定期的に効果の検証を行い見直す必要があります。また、シティプロモーションはまちを活性化し経済効果を高める効果もあるため今後も活発化していく可能性があります。

             ベッドタウンのシティプロモーション

注目記事