シティプロモーションで子育て環境が充実したベットタウンに住んでみよう!

シティプロモーションでまちを魅力的にしてブランド化する

ベッドタウンのシティプロモーション
    

地域のイメージのブランド化

地域のイメージのブランド化            

地方ではまちを活性させるためにさまざまな取り組みが行われています。そのような取り組みのことを「シティプロモーション」と言いますが、具体的にはどのようなことをしているのでしょうか。

シティプロモーションとは?

過疎化による人口の減少や経済力の低下は地方にとって大きな問題です。その問題を解決するためには住民の数を増やす必要がありますが、出生率が劇的にアップしない限り、自治体だけで解決することは難しいでしょう。自治体だけでの解決が難しいのであれば、まちを訪れる来訪者の数を増やすしかありません。しかし、名も知らぬ土地を訪れる人はそれほど多くありません。
これまでも人口の増加を目指して工場の誘致や子育て支援などの取り組みが行われていましたが、少しでも多くの人に訪れてもらうためにはまずはそのまちをより詳しく知ってもらう必要があります。
まちの知名度を上げるために、ゆるキャラと言われるような親しみやすいまちのマスコットを作ったり、食べ物や工芸品など特産品でアピールしたりといったさまざまな方法でまちを売り込む活動を行っている自治体が数多くありますが、このまちを売り込む営業活動が「シティプロモーション」と言われる活動です。
まちを魅力的にし、その魅力を発信するシティプロモーションはまちを活性化させる、重要なカギとなります。

シティプロモーションの目的は?

まちを活性化させるためにさまざまな戦略でまちの魅力を売り込むシティプロモーションの目指す目的は、観光地であれば観光客の増加、過疎化に悩むまちであれば転入者、定住者の増加、というようにまちによって異なります。そのため、まずはまちに何が必要なのかを明確にしなければなりません。
シティプロモーションは実際に住んでいる住民にヒアリングを行い、どのような魅力があるか意見をまとめ上げ、そこからまちのイメージをブランド化し、それに関する情報を発信、という流れで行いますが、まちのブランドイメージはすぐに根付くわけではないので根気と工夫が必要になります。
また、まちを活性化させるためには自治体の力だけでなく住民の協力も必要です。なぜなら自治体の力だけでは限界があり、実際にそこに住んでいる住民の協力が必要不可欠だからです。住民が地元に対して愛着を持っていなければまちを活性化させる活動を行うことは難しくなるでしょう。
住民がまちに対して愛着を持ち、自治体の取り組みに協力することでシティプロモーションも高い効果を発揮するのです。

注目記事