シティプロモーションで子育て環境が充実したベットタウンに住んでみよう!

まちの愛着心を高めるシティプロモーション「あまらぶ大作戦」

ベッドタウンのシティプロモーション
    

尼崎市の「あまらぶ大作戦」

尼崎市の「あまらぶ大作戦」            

「あまらぶ大作戦」と呼ばれている尼崎市が行っているシティプロモーションでは尼崎市の魅力を発信するためにさまざまな取り組みが行われています。

尼崎市のシティプロモーションのねらいとは?

シティプロモーションには人口や観光客の増加など外に向けて発信しているものと、まちの愛着心を向上させるためにまちの内側に発信しているものがありますが、尼崎市ではまちへの愛着を高めるために課題の解決やまちの魅力の増進に力を入れています。

「饅頭論理」で人を呼び込もう

お饅頭を選ぶときは何を基準にしていますか。
前もって試食ができていれば味で選ぶことができますが、お饅頭の見た目、皮の部分に注目して買っている人も多いはずです。
尼崎市にはこれと言って有名な観光スポットがないため、お饅頭のように見た目で選んでもらうことはそう簡単ではありません。そのため思わず手に取ってしまうように、尼崎市に行きたいと思えるように、見た目を変えておしゃれなまちやカッコいいまちにする必要があります。
しかし、いくら見た目が良くても、次につなげるにはやはり味が重要です。お饅頭の味を左右しているのはあんこですが、このあんこが美味しくなければまた食べたいと次につなげることは難しくなります。本当に気に入ってもらうためには中身も重要なのです。尼崎市も見た目の部分をいくら整えたとしても、中身となるまちの魅力がなければ気に入ってもらうことはできません。「おいしそうに見える饅頭」ではなく、「おいしい饅頭」になるようにシティプロモーションに取り組む必要があります。

尼崎市の目指す「まち」

尼崎市では「人が育ち互いに育て合うまち」「健康で安心、安全なまち」「資源を活かし、活力がうまれるまち」「次の世代により良い明日をつなぐまち」の四つを目標としてシティプロモーションに取り組んでいます。この目標を実現するために、人口の年齢バランス、交流人口の増加、まちづくりに取り組む活動人口の増加に重視して取り組んでいます。
活動人口や交流人口を増やす取り組みのひとつとして、平成28年には子どものいるファミリー世帯に向けてワークショップが行われました。未就学児から小学生までの親子を対象とし、オリジナルせっけんや手作りロケットを作るモノづくり体験や、逆上がり教室、病院の体験ツアーやカルタ取り大会など多岐に渡っており、尼崎市の企業や人の魅力を発信しました。
このような外に向けて発信する取り組みは効果的ですが、愛着心の向上など内側に向けた取り組みにはまだまだ課題があります。

尼崎市の課題とは?

尼崎市には元々ネガティブなイメージがあったため、治安や環境の問題で小さなお子さんのいるようなファミリー世帯は住みにくいと考えている人も少なくありません。ネガティブなイメージを払拭し、まちに愛着を持ってもらうためには尼崎市ではシビックプライドの醸成に重点的に取り組んでいます。ファミリー世帯の心にも響くようなまちにするために、市民のパトロールや防犯カメラの活用など自治体と市民が一体となって治安の回復に取り組んでします。その結果ひったくりも減少し、安心して暮らせるまちに近づいています。
しかしながら、空き家問題のようになかなか解決に至らない課題もあります。尼崎市にはおよそ7600件以上の空き家が存在しますが、所有者が特定できないものや所有者がいても高齢で維持管理が難しいものなども多くおよそ6割は未解決のまま放置されています。放置された空き家の中には壁や屋根が壊れたりして危険なものもあるため、市民からも早期解決が望まれています。

注目記事